【小学校英語】時間のない方に知ってほしい、スグできる英語力アップ法

こんにちは! SN校内新聞編集部です。

2020年から小学校で英語が教科化されます。先生方、準備は進んでいますか? ただでさえ多忙な小学校の先生方に新たな教科科目が加わるというのは非常に大変なこと。そこで英語力を高めるためにどのような勉強をしたらよいのか、そして、授業化までに学校としてどんな準備が必要なのかなどをご紹介します。今回は、時間のやりくりを上手にしながら、母校の大学で先進的な英語教育を勉強中のA先生に聞きました。

英語必修化までに必要な小学校現場の3つの準備

小学校英語1:2020年教科化に向けた指導力アップへの道

小学校英語2:使える英語を身につけさせる3つの指導ポイント

グローバル化や2020年の東京オリンピック開催に向け、使える英語を身につけるための教育の必要性が叫ばれています。しかし、現時点では新学習指導要領に基づいた英語の評価基準も教科書も出されていませんから、英語指導の準備のしようがないとおっしゃる先生もいます。

その気持ち、私もよくわかります。

しかし、すべてが明確化されてから授業を構築したり、英語力を上げるために学び始めたりするのでは遅い気がしています。

「できることから進めたい」そんなふうに考えて、私は母校の大学の小学校教員向け特別講座に通い、英語の中学校教員免許取得のために学んでいます。

小学校の英語の教科化によって、学校として3段階の指導準備が必要になると考えています。


最近のSN校内新聞  一覧へ
この記事のタグ

この記事にタグはついていません。

Kyosai02 180613101700