みんな仲良くしなくてもいい。先生からの意外な言葉

こんにちは、SN校内新聞です!

学校でも会社でも、まわりの人とうまくコミュニケーションがとれるかどうかは死活問題。学生の頃、クラス替え、席替え、担任の先生は誰?などですごく盛り上がったことも、その辺りに由来していたのでしょう。誰にだって好きな人がいれば苦手な人もいますから

ともだちひゃくにんできるかな、という有名な童謡のフレーズにもある通り、多くの人と仲良くすることは無批判に肯定されがち。大人になれば、言われなくてもそれがある程度タテマエであるとわかりますが、子供時代は案外本気にしてしまうもの。友達ができなかったり、人とうまくコミュニケーションがとれなかったりすると、自分を卑下してしまう生徒さんも少なくないでしょう。

そんな中、ある生徒さんは先生のこんな言葉にとても安心したそうです。

 


最近のSN校内新聞  一覧へ
この記事のタグ

この記事にタグはついていません。